2017-02-25から1日間の記事一覧

新作小説時評(1)

四次元的小説ー『銀河鉄道の夜』 宮沢賢治の新作『銀河鉄道の夜』は、三次元の現実を超えて行こうとする小説の力を感じる作品だった。冒頭の教室の場面で、ジョバンニの先生は星座の図の「ぼんやりと白いもの」について次のように生徒達に語る。 「ですから…